青汁は腎疾患のある人は飲めないって本当?

腎疾患と高血圧になった人は減塩生活をスタートすることになります。
毎日の生活でいくつか意識が変わっていくことがあります。

1つはスーパーなどに行って買い物するときに、食品にどれくらいの塩が含まれているのかを調べたうえで購入するようになると思います。

まず栄養成分表示からアントリウム、食塩相当量というものを探しましょう。
塩分だけをチェックしていてももちろん良いのですが、それ以外の添加物についてもチェックしてみましょう。

やはり、見たこともない食品添加物がとてもたくさん入っていると、買う気がなくなってしまうこともあると思います。
そのような塩分や添加物が気になる方にとって魅力的なものが青汁です。

野菜不足を粉末青汁で改善

青汁は野菜不足を補うことができますし、食品添加物不使用ですので、減塩にも最適です。
結果的に自分は腎臓が弱いですので青汁の購入を諦める方もいるかもしれませんが、青汁は減塩にピッタリであることには違いありません。
塩分は含まれていませんし、食品添加物が使用されていないものが多いです。

青汁を1日に1杯飲むだけでも塩分を摂取せずに栄養分やビタミンを一度にまとめて摂取できることには違いありません。
そしてカリウムなどが含まれているので、減塩できると同時に様々な栄養素を摂取できます。
しかし、腎臓の弱い人は青汁を飲むとリスクがあるというのも違いないのです。
また、野菜由来のビタミンK、カリウムといったものが含まれていますので、これらが多く含まれている食品の摂取制限を受けている方は、青汁を飲む前に医師に相談をしてみてください。

慢性腎臓病と青汁のリスク

慢性腎臓病の重症度といのはいくつかのステージに分けられます。
このステージG3a、G5の場合にはタンパク質の摂取制限もありますし、カリウムの摂取制限が不可欠になることもあります。

基本的にカリウムは腎臓において処理されるものですので、腎臓が弱い人の場合にはカリウムが多く含まれる青汁を飲むことはリスクになるのです。
そのため、青汁を飲む時には事前にかかりつけ医に相談をしておくというのもとても重要になります。

このように腎臓に関する疾患を持たれている場合には、摂取量などに注意が必要です。
ただ、同時に高血圧の症状を緩和するうえで一定の効果を期待することができます。

腎臓が悪くなく高血圧で悩んでいるというのであれば、もちろん青汁はとてもおすすめです。腎臓に疾患のある方は青汁を飲む前には医師に相談を、そして高血圧で腎臓に疾患がないのであれば、どんどん青汁を摂取してみてください。

コメント