血液サラサラ効果のある青汁を飲むメリットは?

日々の生活の中での飲酒、喫煙、運動不足といって生活習慣は血液をドロドロにしてしまいます。
このような血液がドロドロの状態になると脳梗塞リスク、心筋梗塞リスクを引き起こします。特に糖分のとりすぎというのは、血糖値の上昇につながってしまいます。

青汁の持つ血液サラサラ効果

食物繊維を豊富に豊富に含んだ青汁というのは血糖値が急激に上昇してしまうのを抑える働きがあります。
中でも、青汁に含まれている水溶性食物繊維というのは、腸内の悪玉コレステロールを排出します。
そして血液をサラサラにする働きがあるのです。

血液がドロドロなのかサラサラなのかというのは自分で判断することはできません。
例えば、体調が悪くて病院で検査を受けてみたら、たまたま血液がドロドロなのが判明した!ということが多いです。
そのようなことにならないように青汁を飲んで血液を常にサラサラの状態にしておくというのが重要です。

貧血対策にもなる

女性にとって悩みの種となるものがあります。
それが貧血です。
貧血は野菜不足になるとどうしてもリスクが高くなります。
野菜不足は鉄分不足の原因となり、貧血を引き起こすのです。

月経の期間はもちろんですが、妊娠中、夏場には貧血を起こしやすくなります。
青汁を飲んで貧血防止の効果を得られると言われています。

青汁に含まれる非ヘム鉄

鉄分が含まれる食材は植物性の非ヘム鉄という成分が含まれるほうれん草や小松菜などです。動物性のヘム鉄が含まれている食材がレバー、卵、牛肉の赤みといったものが挙げられます。
卵のように摂取しやすい食材も多いですが、野菜やお肉など、鉄分のバランスもしっかりと考えて毎日の料理に取り入れるようにしてみてください。

ただ植物性非ヘム鉄というのは体に吸収されにくいです。
青汁には非ヘム鉄の吸収率を高められるビタミンも含まれていますので、しっかりと吸収されます。
また、さらに鉄分の吸収率を高めたいのであれば、青汁にフルーツを絞るようにしたり、工夫をすることで貧血対策により効果を高めることができます。

このように、青汁には健康的な体を作り上げるうえでなくてはならない成分を普段からしっかりと補う効果があるのです。
野菜を摂るのが面倒な人であっても、コップいっぱいの青汁を飲むだけでも調子がよくなったり、日常生活における質を高めることもできます。
病気になるよりも前に青汁を飲むようにして、健康的な体を手軽に手に入れることができるのです。

コメント