毎日不足しがちな野菜を青汁でさくっと補充

青汁というのは野菜不足を解消するうえで効果的といわれています。
非常に栄養価の高い青汁ですが、この青汁を飲むことで、普段の食生活で不足してしまいがちな栄養分を補える健康食品です。
年齢はもちろん性別も問わずに青汁が高く評価されています。
では青汁に含まれる栄養素はどのようなもので、この栄養素がどのように野菜不足を解消してくれるのでしょうか。

押さえておきたい青汁の主成分とは

青汁はメーカーはもちろん、商品によってもそれぞれ色々な原料が使用されています。
主成分もそれぞれ異なるというのが最大の特徴です。

主な原料は最もメジャーなものであれば大麦若葉です。
最も大麦若葉が多く、その他にもケール、明日葉、桑の葉といったものが続きます。
使用されている原料によって効果、効能も違いが出てくるのですが、主成分以外の添加物がどのくらい含まれているのか、というのがとても重要なポイントになってきます。

青汁の中には飲みやすくするために砂糖、甘味料といったものが多く含まれているものも販売されています。
そのような場合には青汁が本来もっている効果を得られないことこもありますので、十分に注意しなければなりません。

青汁の成分と摂取できる栄養素

青汁にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
青野菜が原料となっていますので、食物繊維も豊富に含まれています。
主成分によってはオリゴ糖のような成分も配合されていることがあります。

青汁には加熱処理タイプのものと、非加熱処理タイプとの2つの製造方法があります。
加熱処理タイプは高温で作られていますので、熱に弱いビタミンB1、ビタミンC、酵素などといった栄養分が製品化する時にかなりの数が壊れてしまいます。
そのため、購入する時には栄養素についても必ず確認しておくようにしましょう。

現代人は食生活の変化などによってどうしても栄養が偏ってしまいがちです。
野菜不足が特に申告であり毎日の食事だけで目標としている摂取量には届かないというのが現状です。
青汁はその野菜の不足分を補給できるので注目されているのですが、厳密にいえば青汁を飲むだけで野菜不足をしっかりと解消できるのかといえばそうではありません。

野菜は緑黄色野菜、淡色など栄養価が異なりますので、色々な種類を組み合わせ絵摂取することによってバランスよく栄養分を摂取できます。
青汁は緑黄色野菜が原料となっています。
淡色野菜だけが持つ栄養素をカバーするのは困難です。

つまりすべての栄養素を青汁で補給するのではなく、不足している栄養素を補給する目的で毎日の生活に取り入れるようにしましょう。フルーツ青汁が1番飲みやすく続けられます。

コメント